水素水生成器を徹底比較

水素水生成器を比較してみよう!

「水素水」は新聞・雑誌・TVなどでよく見かけるようになりましたね。
スーパーやドラッグストアの店頭にも置かれています。

 

容器はペットボトル、アルミパウチの商品が多いです。
持ち運びに便利なのはこのような商品ですが、本格的に水素水を始めたい方には、家で作れる「生成器(サーバー)」がおすすめですよ。

 

<%第1位 %>

 

 

水素水生成器は安定して水素水を作れる機種が多く、コスパも良いですから、ご家庭で手軽に水素水生活を楽しむことが出来るんです。

 

生成器のタイプは少し大きめの据置きタイプや、ダイニングテーブルに置ける卓上タイプ、持ち運べて旅行にも持っていけるボトルタイプのものが主流です。

 

また、ペットボトルで高濃度の水素水が作れるタイプの生成器もありますので順番に比較していきましょう。

 

 

1.水素水生成器(据置タイプ)

水素水を本格的に始めたい方におすすめなのが、据置きタイプの生成器です。
沢山の機種が発売されていますが、水素濃度、生成時間、デザインとも優れているのが「エイチツー・ガウラ HUGAURA」です。

 

<%第1位 %>

 

水素溶存濃度は1.0ppmですが、特殊な装置を使い水素の気泡を28,000ppm注入しています。
出来立ての水素水はグラスが水素水の泡でいっぱいになっています。

 

<%第1位 %>

 

「エイチツー・ガウラ」は医療機関、スポーツジムに数多く採用されていて、アスリートの方々に愛用されています。

 

お使いになる場合、購入も出来ますし、レンタルも可能ですので、ご予算に応じて選んでくださいね。

 

 

2.水素水生成器(卓上タイプ)

大きめの水素水生成器ではなく、少し小さ目な生成器をお探しの方は、卓上タイプがいいですね。ダイニングテーブルに置けますから、据置きタイプのように場所をとりません。

 

卓上タイプでおすすめなのが、「ガウラ ミニ (GAURA mini)です。

 

<%第1位 %>

 

カラフルなカラーが揃っていますので、お部屋の雰囲気に合わせた色を選ぶことが出来ます。

 

この生成器はタンク式(4L)ですから、水道管からの工事は必要ありません。
また、レンタルも出来ますので一度に沢山の出費はなく計画的に利用できます。

 

 

3.水素水生成器(ボトルタイプ)

「手軽に持ち運びが出来て、短時間で水素水を飲みたい!!」という方におすすめなのが、
ボトルタイプの水素水生成器です。大きさはペットボトル500mlを一回り大きくした位です。

 

なので、職場に持って行き、お昼の時間に水素水を作ってその場で飲む!ってことも可能です。

 

お値段も手頃ですから、「これから水素水を始めてみよう!!」とお考えの方にはいいと思いますよ。

 

数あるボトルタイプの中で、「水素水溶存濃度の高い生成器」で選んでいくと、「バンビ Bambi」になりますね。

<%第1位 %>

 

生成時間10分で1.4ppmの水素水が出来上がります。
元モーニング娘の吉沢ひとみさんもお気に入りで、スポーツの後にゴクゴク飲んでいるそうですよ。
「バンビ」は残留塩素除去装置がついているので、水道水をそのまま使えます。コスパも優れていますね。

 

 

4.超高濃度水素水をご存知ですか?

今まで比較してきました水素水は1.4ppmの濃度が最高でした。
これからご紹介する水素水は濃度がなんと「7.0ppm!!」です。

<%第1位 %>

 

こんなにも高濃度の水素水がつくれるんですよ。
夏場の暑い時には、1リットルや2リットルの水素水を飲むことも出来ますが、冬の寒い時に1リットルの水素水を飲むのは結構大変です。(トイレが近くなりますよね)

 

そこで、高濃度水素水は一度にたくさん飲まなくて済みますので、結果的に長く続けることが出来るんです。

 

「7WATER」は簡単に7.0ppmの高濃度水素水が作れます。

<%第1位 %>

 

耐圧ペットボトルに水素発生剤の入ったスティックを入れるだけ。
24時間後、30秒ほどペットボトルを左右に振ると、7.0ppmの水素水が出来上がります。